やっぱり流石の育毛神と言えど、生え際のみでは思う存分力を発揮できなかったようです。

若いとはいえ髪を染めまくり、金色のみならず負担が最もでかいと言われる銀色までやっていたため、たくさんの人がその生え際を気にしていたようです。

とはいえ彼も育毛神のはしくれ。

生え際が強い可能性もワンチャンあります。

しかし次もまたすぐにやられたら、それこそ生え際は交代です。後退だけに。(ドッ!!)

もし後退してしまった生え際には、もはや育毛剤を使う他ないでしょう。

とはいえそれを回避する方法もあります。

それはずばり、頭皮の汚れをしっかりと落とす炭酸シャンプーを使う事。

さすれば後退した生え際にもかつての力が蘇るでしょう。

もし生え際の全盛期が過ぎ去った場合に備え、一応オススメの炭酸シャンプーを紹介しておきます。

おすすめ炭酸シャンプー(生え際)

生え際が速攻でいなくならないよう、是非とも皆さんの力で生え際を支えてやってください。

あいざいます!